THOM BROWNE スタジャンのクリーニング

トム・ブラウンのスタジャンのクリーニング事例をご紹介いたします。

なんて素敵なデザインなんでしょうか!

ただやはり、袖の白いレザーは汚れやすいですね。

襟と袖口のリブも白いので、しっかり皮脂やなんやかんやで汚れがちです。でもかわいいから着倒したいですよね〜。わかります。

素材がレザーとウールなのでドライクリーニングで洗います。

エリと袖口はただドライクリーニング機に入れて洗ってもきれいにはならなさそうなので、皮脂汚れをよく分解する薬剤で前処理してから洗います。

レザー部分は、ドライクリーニング機で洗っただけではきれいにならなかったので、乾燥後にレザークリーナーで汚れをできるだけ落とし、レザークリームで磨きました。

では、クリーニングメンテナンス後のトム・ブラウンのスタジャンの写真をご覧いただきましょう。

じゃん!

じゃじゃん!


じゃじゃじゃーーん!
おわかりいただけたでしょうか…。

信じるか信じないかはあなた次第です!

コメント、フィードバック、ご質問はコメント欄へおっきがーるに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。